古くから愛されてきた青い目玉のお守り

turkey2

turkey1

アナトリアの大地で3000 年以上前からあるといわれるその様相は、初めは少しぎょっとするものの、見れば見るほどなぜか愛着が湧いてきます。ナザールボンジュウはその目で他人の嫉妬や邪視を見返し、跳ね返してくれると信じられています。トルコ人はとても正直で感情豊かですが、その分妬ましい感情も多分にあり、ある意味嫉妬深いといえます。そのようなトルコ人の気質と相まって、このナザールボンジュウが長く息づいてきたのだと思います。

玄関や車の中など人目のつくところに飾られます。アパートの入り口に埋め込まれているのもよく見かけます。
また、遊牧民であったトルコ人にとって、大事な財産である家畜たちにも災いや病が起こらないよう、家畜小屋の入り口や傍にも置いていました。生まれたばかりの赤ちゃんにも小さなナザールボンジュウをピンで付けます。
これは可愛らしい赤ちゃんを悪魔が妬むと信じられてきたためです。ちなみに、このナザールボンジュウ、割れたときは持ち主の身代わりになってくれたと信じられており、決して不吉なことではありません。
観光地では、大きさも形も様々なナザールボンジュウが売られています。バラエティが豊富すぎて選ぶのに迷うほど。ちょっとこれは…というようなセンスのものもありますが、そこはご愛嬌。価格もお手頃なものが多いので、トルコ土産の一番人気といえるでしょう。
アクセサリーとしても人気で、トルコ人が大好きな金製品でもナザールボンジュウペンダントは定番です。皆、一
つくらいは必ず持っているのではないでしょうか。
ナザールボンジュウの主な産地はイズミール地方とボドルム地方です。もともとは、イズミールのギョレジェ村の
職人がボドルムに流れたと言われています。通称ボドルムボンジュウと言われる手作り感のある素朴なビーズも人気
です。ガラス職人が一つ一つ作っているので形も大きさも少しずつ違い、とても魅力があります。手作りの素材を扱
うお店で売られていて、女性にとても人気です。土産物屋でも売っているのでオリジナルのアクセサリーを作ってみ
るのも素敵ですね。

ワンテーマ指さし会話 トルコ×雑貨ワンテーマ指さし会話 トルコ×雑貨

著者:河合亜希子
青い目玉のお守りナザールボンジュウ、歴史ある織物キリム、素朴なものからゴージャスなものまで、素材感と手作り感を残したあたたかみのあるトルコ雑貨を紹介。
【Yubisashi Shop】 ワンテーマ指さし会話 トルコ×雑貨