メンフィス

2月14日まで行われたテニス「ATPワールドツアー・メンフィスオープン」で、錦織圭選手が大会4連覇を達成しました。

錦織選手の活躍ですっかり耳に馴染んだ「メンフィス」は、アメリカ合衆国東南部テネシー州最大の都市で、観光地としても魅力に溢れています。

たとえば「ブルースシティ」の愛称で呼ばれているように、メンフィスはブルース発祥の地で、ロックンロールが生まれた地として有名で、ソウル、ブルース、ロックンロールの博物館や殿堂、メンフィスで暮らし、メンフィスから世界を席巻したKing of Rock’n Rollと呼ばれるエルビス・プレスリー、King of BluesのB・Bキングゆかりの場所、ライブハウスが軒を連ねるビール・ストリートなどが点在していています。

もちろん音楽以外でも、公民権運動の指導者マーティン・ルーサー・キング・ジュニアが暗殺されたモーテル(国立公民権博物館)、市内に100軒以上あるといわれ、それぞれがオリジナルソースで味を競っているBBQレストラン、エルビスが通ったダイナーでの食事など、アメリカの歴史や文化、風俗を語る上で外せないスポットが目白押し。今年の旅のディスティネーションに「メンフィス」を加えてみてはいかがでしょう。

Arcade01 Arcade02               Arcade03                Arcade04               Arcade06               BealeSt.01                BealeSt.04                BealeSt.08               Downtown               Downtown02               Grace01                      Grace07                      Grace13                         Grace18                        Lorraine01                        Lorraine 02                        memphis made                         Peabody01                        Peabody02                         RocknSoul01                        RocknSoul05                   RocknSoul06                   RocknSoul08                   RocknSoul15                   RocknSoul16                    Sunstudio02                   Sunstudio05                    Sunstudio07                    Vergos07                   Vergos08
エルビス・プレスリーが通っていた1919年開店のダイナー「アーケード・レストラン」。


アプリも本も旅行会話は「指さし」におまかせ!

指さし会話 アメリカ 英語 touch&talk
■指さし会話 アメリカ 英語 touch&talk
ANDROID APP ON Google play

App Store


旅の指さし会話帳9アメリカ(アメリカ英語)[第二版]
旅の指さし会話帳9アメリカ(アメリカ英語)[第二版]

こんなに深くて面白いアメリカがあっただろうか?こんなに身近に感じて今すぐにでもこの「指さし」をもってアメリカに飛んで行きたくなる。第二版は著者と編集者によって「語学力よりハートを」テーマにつくられた至れりつくせりの内容。大リーグやバスケ、エンターテイメントからおみやげ、楽しいお買い物ページまでどこまでも充実しています。ぶっつけ本番で会話ができる!厳選の使えるアメリカ英語を3000語以上収録。アメリカの本当の姿にふれられる1冊です。

著者:榎本年弥
イラスト:モーニートレイン
サイズ:A5並製