SHIBUYA 109が外国人観光客への免税対応に「指さし会話®」を導入

 来客者の約20%を外国人観光客が占める海外でも人気のショッピングスポット「SHIBUYA 109」(株式会社東急モールズデベロップメント)が、外国人観光客への免税対応ツールとして、「指さし会話®シート」を作成し、運用をはじめた。
これまで外国人とのコミュニケーションは、各ショップ定員がジェスチャーと片言の英語、または英語や中国語を話せるSHIBUYA109スタッフがショップに駆けつけて対応していた。
そのため「少なからず現場で混乱することもありました」と広報スタッフ。
こうした現状を“指さし会話®〟が解決してくれると期待しているという。

10~20代の外国人若者に限らず、30~40代の女性も多く来店し、1回1~3万円の買い物をする人気ショップの「LIZ LISA」の原田南さんも〝指さし会話®〟の導入を大歓迎。
「これまで外国人のお客さまにどう対応すればいいかとドキドキしていました。とくに免税の案内や手続きは大変。でも〝指さし会話〟はシートを指さすだけでコミュニケーションできるので、これからは外国人のお客さまもウェルカムです」

免税対応〝指さし会話®〟をきっかけに、「109を中心とした渋谷の案内や、各店舗のイベントやキャンペーンなどに対応した〝指さし会話〟の導入も検討したい」(広報部)と、渋谷のランドマークとして外国人観光客にやさしいおもてなしの実現を目指す。

英・韓・繁体字・簡体字で構成された4ページ(A4サイズ)の免税指さし会話帳は、免税手続きシーンで想定されるフレーズと単語で構成され、親しみやすいイラストを配置したオリジナル版です。

2月28日から免税対応テナントに配布され、外国人客との接客シーンで使わています。

「LIZ LISA」の原田南さん

「LIZ LISA」の原田南さん

109 「LIZ LISA」

■ 法人様向けページ「Yubisashi for Bisiness」
http://biz.yubisashi.com/

■お問い合わせ
http://biz.yubisashi.com/contact/

Yubisashi for Business インバウンド対策「指さし接客会話」で訪日外国人をおもてなし!