kentucky04_01

写真提供:Ka!zen

歴史上の偉人やスポーツ選手などを多く輩出しているケンタッキー。中でも世界的に有名なリンカーンのゆかりの地は、世界中から来たの観光客が訪問している。そこで今回は、彼の功績を讃えて建てられた施設を徹底特集するぞ!


第16代大統領のエイブラハム・リンカーンは「奴隷解放の父」として、今を生きるアメリカ人からも多くの尊敬を集めている。そして彼が生まれ育ったケンタッキーでは、リンカーンゆかりの地を見学、博物館では彼の人生を学ぶこともできるのだ。

「リンカーン生誕の地は国定史跡として保存されている。リンカーンの“54年”の生涯にあやかって建設された“54段”の階段を上ると神殿のような大きな建物があり、その中にはリンカーンが生まれた丸太小屋が当時の姿のまま保存されている。ドアと窓が1つあるだけの簡素な家に驚くはずだ。さらに敷地内にはリンカーン家が使用していた泉もそのままの姿で残っているのだ。

そしてケンタッキーには、リンカーンが2歳のときに移り住んだ家も保存されている。生前、彼は「私の幼少時代で最も印象深いのがこの地で過ごした4年間だ」と語っていたっという。生家と同様に簡素な家で、当時は貧しい生活を強いられたようだが、このときの暮らしが人格形成に大きな影響を与えたのだろう。家は簡素だが、家の周りには大自然が今も残る。幼少時代のリンカーンは木々に囲まれ、どんな生活を送っていたのか。想像するだけでも感慨に耽ることができる、そんなスポットだ。

また、リンカーン博物館では誕生してから大統領になり、暗殺されるまでの彼の人生をジオラマ模型で再現されている。そのほかにもリンカーンの肖像画や、大統領当時の新聞など、貴重な資料も多く展示されているから、ぜひ彼の人生を振り返ることで何かを感じてもらいたい。

そのほかにもケンタッキー州議事堂にはリンカーンの銅像、そして州内にはリンカーンの両親がそれぞれ幼少時代に育った家など、彼のゆかりのスポットが盛り沢山だ!

この建物の中にリンカーンが生まれた家が保存されている。

この建物の中にリンカーンが生まれた家が保存されている。写真提供:www.kentuckytourism.com

自然に囲まれた質素な家でリンカーンは少年時代を過ごした。

自然に囲まれた質素な家でリンカーンは少年時代を過ごした。写真提供:www.kentuckytourism.com

エイブラハム・リンカーン生誕地国定史跡/Abraham Lincoln Birthplace National Historic Site

  • 住所 2995 Lincoln Farm Rd.,Hodgenville,KY 42748
  • 営業時間 8時~16時45分(季節によって変動あり)
  • 公式サイト http://www.nps.gov/abli/index.htm

エイブラハム・リンカーン少年時代の家/Abraham Lincoln Boyhood Home at Knob Creek

リンカーン博物館/The Lincoln Museum


アプリも本も旅行会話は「指さし」におまかせ!

指さし会話 アメリカ 英語 touch&talk
■指さし会話 アメリカ 英語 touch&talk

ANDROID APP ON Google play

App Store

Let's Go & Talk JAPAN Harajuku