JR東日本グループ「サービス品質よくするプロジェクト」で紹介されました

Off
YUBISASHI 旅の指さし会話帳

JR東日本グループ「サービス品質よくするプロジェクト」

羽田空港とのアクセス線として、多くの海外からのお客さまが利用する東京モノレール。
2020年を間近に控え、今後ますます増加が見込まれる海外からのお客さま向けのサービスのひとつとして、各駅に「指さし会話帳」を導入いただいています。
その取り組みが、JR東日本グループ全体で推進されている「サービス品質よくするプロジェクト※」の中で紹介されています。

駅貼りポスターや車内中吊りポスター、トレインチャンネル、公式You Tube動画など、多岐に渡る媒体に「指さし会話帳」が登場します。
動画では、「指さし会話帳」制作のきっかけや、本社営業部のご担当者・羽田空港国際線ビル駅の係員の方の想いが語られています。
下記よりご確認いただけますので、この機会に是非ご覧ください。
ポスターは8月6日より、JR東日本・東京モノレール各駅に掲示されています。

JR東日本グループポスターJR東日本グループ「サービス品質をよくするプロジェクト」羽田空港編 海外からのお客さまにも安心を。

【サービス品質よくするプロジェクト】「羽田空港」編

※「指さし」は2分11秒目あたりから登場します

※「サービス品質よくするプロジェクト」とは?
JR東日本グループのサービス品質向上に関わる施策や関係する社員の想いをポスターや動画等で配信されています。
詳しくはこちら

 

東京モノレール株式会社様(指さし会話帳)の事例紹介はこちら

Translate »