アメリカ南部を愛したプレスリーは、生涯グレイスランドを離れることはなかった。