あまりの美味しさにいくらでも食べられちゃうから不思議。